最後の銀塩カメラマン 不肖・宮嶋報道写真展in京都

「愛ある怒りの心を持てますか?」

愛ある怒りとは・・・現実や物事を直視し関心を持つことで沸き起こる怒りの感情です。
無視や無関心からは愛も怒りも生まれません。
横田めぐみさんのお母様の呼びかけ『みなさん、もっと怒ってください。怒りを感じてください』に共感した私たちは、平和で豊か過ぎる日本の国が現在、「怒りを感じるほど現実を直視してみる」ことの大切さを忘れていることに気づきました。無関心が罪であることへの改めての気づきです。

報道カメラマンとして現実を直視しなければならない宮嶋氏の作品の通して、広く社会の皆様に私たちのメッセージを伝える事が出来ることを願っております。

不肖・宮嶋報道写真展in京都
実行委員会一同

2005年3月15日~4月3日

不肖・宮嶋報道写真展in京都